今回、紹介する「CMSスサノオ神話」のカスタマイズ事例は、水道局のホームページ上から、水道の使用開始・中止の申し込みができるようにカスタマイズを行いました。

水道局が抱えていた問題点とご要望

集中する時期における電話対応の負担を減らしたい

水道の使用開始・中止の申し込みのすべてを電話で受け付けているため、3月・4月の人の移動の時期になると、電話が殺到し、非常に繋がりにくくなっていました。
また水道の使用開始・中止の申し込みの時に、聞き取りする項目が多いため、申し込みが殺到すると電話受付の担当者への負担が増大していました。

それらの問題を解決するため、ホームページ上で、水道の使用開始・中止の申し込みが完結するシステムを2020年の3月(最初の打ち合わせが、2019年12月中旬)に間に合わせたいというご要望をいただきました。
また、今まで行ってきた水道の使用開始・中止の受付業務が煩雑化しないことも重要な要件でした。

問題解決への提案

水道使用開始・中止のお申込みフローに「CMSスサノオ神話」を拡張して、お申し込み機能を導入最新バージョンのCMS『スサノオ神話』には、メールフォーム管理として使用できる、アンケート機能が実装されています。
当案件の水道局は既にホームページ運用にCMS『スサノオ神話』を導入いただいていましたので、この機能をカスタマイズしたら、納期もスピーディに、カスタマイズのコストも抑えつつ実現できそうだという結論に至りました。

お申し込みフローの確認

まず行ったことはお申し込みフローの現状確認と改善についての話し合いでした。
結果、下記のような運用フローになるよう、カスタマイズを行っていくことに決まりました。

1

画面をカスタマイズ

実際にカスタマイズで作られた画面の一部をご紹介します。

申し込み入力画面

2

申し込み内容 確認画面

22

管理画面

3

33

お客様からのご感想

今回のカスタマイズを行った結果、多くの利用者がホームページから水道の使用開始・中止の申し込みをされているとお喜びの声をいただきました。

まとめ

今回の水道局様のように、これまで当たり前に思っていた電話対応の負担はCMS『スサノオ神話』で簡単に改善できます。
他にも、サービスの使用開始・終了の申し込みが必要なガス、電気といったインフラ管理ではお役に立てる場面が多くありそうです。

全国の水道局様をはじめ、同様の問題にお困りはティーエム21にお気軽にご相談ください。

※画像内に掲載されている情報は、実在の人物や団体などとは関係ありません。